}
柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. くじゅうやまなみキャンプ村 2012年6月16日~17日


くじゅうやまなみキャンプ村(ユニフレームNature Meeting 2012) 2012年6月16日~17日

二日目

   

昨晩は突風と大雨の音であまり眠れず5:30には皆起きていました。
でも今朝は、風も雨もだいぶ納まってきたようです。
早速焚火をして暖を取ります。

はなちゃんも寒いのか?焚火の近くに寄り添ってきます。

さて、朝食の準備です。
バウルーでホットサンド。

昨日の残りのホルモンとソーセージも焼きます。

朝食をとっているうちに天気が急速に回復!
遠くの山並みがくっきり見えるようになりました。


昨日、一度も使うことなく、ただ濡れてしまっただけのヘキサタープ 2幕も、急きょ広げて乾燥です。

そして10時から全員の記念撮影。

その前に?

なんと今回展示品のREVOドーム5をクイズで1名様に差し上げるとの爆弾報告を受け、会場はどよめきの渦に巻き込まれました。
中央の女性の方がウイナーです。うらやましい・・・。

全員の集合写真撮影の後、パパと長男は、ユニフレームのスタッフの皆さんと記念撮影をさせていただきました。
ちなみに向かって右側のチェック柄のシャツを着ている方が、ユニフレームの山後社長です。

今回のキャンプはユニフレームさんのおかげで、今までにない貴重な体験が出来ました。
豪雨と強風がなければ、なお良かったのだろうけど、そんな思いも吹き飛ばすほど、素敵な思い出が出来ました。

ダッチオーブンは、長男が「自分の机に飾る!」と言ってましたが、「使った方がユニフレームさんも喜ぶよ」と説得し、早速お手入れして次回から投入です。自宅もIHなのでパエリアは出来そうですね。
悪天候で、子供同士が遊べなかったのが残念でした。ボールやフリスビーとか、花火などで盛り上がれたでしょうね。
長男は、すっかりユニフレームFanです。
ユニフレームの社長さんは、今回の天候を悔やまれて「2年後にまた九州で開催したい」とリベンジ宣言されましたが、その時は、もちろん参加させていただきたいと思います。

なにはともあれ、ユニフレームさんに感謝!乾杯です。!!


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category