}
柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 歌瀬キャンプ場 2013年4月27日~4月29日


歌瀬キャンプ場 2013年4月27日~4月29日

二日目

6時起床。気温は7度台で、肌寒い。

早速お湯を沸かし、カップスープをすすり、体を温める

そしてアサリ入りの味噌汁。

丸美屋の鶏ごぼう入れて炊いた釜飯もお焦げ付きでおいしく炊き上がった。

朝食後の腹ごなしにバトミントン。今日の予定は10時から青葉の瀬(あおばんせ:現地読み)で陶器の体験教室を予約している。
9時半になったので、ボチボチ出発しようか?って時に事件は起こった。

「じゃ行くよ!みんな車に乗って」
「は~~い、全員集合です」
「よっしゃ!」って時に・・・

「はれぇ??車のカギは???」
・・・・
「ポケットポケット!」
「「見た見た・・」
「テントの中は?」
「・・・・無い」
「どこに置いたの!?」キレ気味のママ。

それが分からないから探しているのだが・・・ 言葉に出しては言えない (爆)

で、昨日、車をサイトに停車させてからの行動をすべて再現すべく、昨日を、ふり返る。

昨日の散歩で一番印象深かったのが、このサイト!
Mossのテントとウイングタープを設置中の若いグループを発見!

「写真、撮ってもいいですか?」
気が付いた時には、自然と言葉が出ていた後。(笑)
「どうぞ、どうぞ・・・・  Moss 好きですか?」
「好きっていうより、あこがれです」

「カムデン製じゃないですよね?」けっこう失礼なことを平気で聞くパパ。(笑)

「いえ、カムデンです。」・・・・「おぉぉぉぉ~~」
この後、あの有名なMoss臭も、たっぷり嗅がせていただいて、お別れした。(笑)

この、昨日の工程をふり返りながら、鍵を探したが、結局見つからなかった。{想定内 笑}
最後の頼みと、管理人さんに電話。
「あの~、車のかぎの落し物って有りませんでした?」
「有りますよ。ホンダですか?」
「ハイ!」
一件落着で出発したのは、予約していた まさかの10時。
青葉の瀬の陶芸教室に遅れることを告げ、現地に向かった。

予定より20分遅れで到着。

遅れたことを謝るも、「大丈夫ですよ」と言っていただいて気が楽になった。
さっそく、何を作るかの参考に店内を見渡して・・・

二人とも”湯呑”を作ることになった。

台座に信楽焼きの粘土をセット。作り方を丁寧におしえていただける。

日頃、何かと飽きっぽい次男も、真剣に作ってます。

長男も仕上げの段階でせんせいに手を添えられながらも、真剣に作成。

何とか手作り感満載の”湯呑”が出来上がった

粘土が余ったので「おまけで焼いてあげるから、すきなもの作っていいよ」とおっしゃっていただいて、スプーンや”はなの置物”を追加作成。

後日乾燥後、この大きな窯で焼いて色付後、自宅に宅配して頂ける。(色も好みに指定可)

青葉の瀬、二つ目のイベントはピクニック。
歌瀬で握ったおにぎりと、ゆで卵、それに昨日揚げた唐揚げだけの簡単な昼食だが、
やはり、こういうところで食べると、味はまた格別である。

青葉の瀬、イベント3はカヌー。
1時間、なんと300円の激安!  

救命胴衣も付いているので安心して見ていられる。

初めてなのに、ふたりとも結構うまくカヌーを操っていた。

その後、青葉の瀬で釣り掘りもと思っていたのだが、見ているとあまり釣れていないようだ。
そこで、釣り堀をするために、服掛松キャンプ場の近くにある舟の口水源に向かった。

ここは、以前からマークしていたところで、養殖してあることは知っていたし、上の写真のように釣り堀が有ることも知っていたが、実際に営業しているかは解らなかったので不安だったが、最悪、今晩のメニューが変わることを覚悟しながらやってきた。

不安をよそに、すでに先客が食事をしていて、一安心。
いけすの中を覗くと、ご覧のとおり、ニジマスがウジャウジャ泳いでいた。

早速、竿を借りて、釣り堀開始。

なんせ、ご覧のとおり、うじゃうじゃいるのであっという間に釣り上ります。

人数分の4匹をあっという間に釣り上げて終了。

管理人さんに渡すと、何も言う間もなく、すぐに内臓を取り出し、化粧塩までしてくれました。

帰りに水源で水を汲みます。

はなちゃんも、汲みたてのミネラルウォーターをゴクゴク飲んでいました。

歌瀬に戻る前に、そよかぜパークの大浴場で汗を流します。

ゴールデンウイークは営業時間も通常より長めです。

サイトに戻り、さっそく晩御飯。メニューはカレーと・・ 

釣ってきたニジマスも焼きます。

炭火で焼く川魚はアウトドアならではの贅沢メニュー。

ビールも当然進みます。

ニジマスは、あっという間に無くなって、イカと焼肉を追加。

それも食べつくし、スーパーフレインで買ったソーセージを焼きます。

パッケージには”ボイルであっさり”と書いてありますが
”ベイクでくどく”もけっこうおいしかったです。(笑)

その旨さは、この写真が物がったています。

証拠写真2です。(笑)

そして、いやおうなく、酒が進みます。

昨日買った、薪をくべ・・・

さらに酒は進みます。(爆)

このあと焚火を利用して、ポップコーンを作りました。

弾け具合がイマイチだったけど、市販にはない手作り感が、これはこれで良い感じに出来上がりました。

夜9時半、今晩も冷え込みそうである。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category