}
柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 服掛松キャンプ場 2012年10月6日~10月8日


服掛松キャンプ場 2012年10月6日~10月8日

二日目

6時に起床。今日は天候もよさそうだ。

気温は8度台

寒いのでさっそく焚火で体を温める。

温まったところで薪を炭に交換して、サンマを焼きます。

旬の生サンマは、脂も乗っておいしそう!この後、炎上との戦いが繰り広げられた。(爆)

サンマが焼きあがる頃、飯盒で炊いた炊き込みご飯も完成。

上手に?焼けたサンマと・・・

炊き込みご飯。

朝から食が進みます!

今日は11時から歌瀬キャンプ場でフリマが有るというので入場料を払って見学です。
普段は比較的すいているリバーサイトも満杯!

いままでここに張ってあるテントを見たことがなかったフリーサイトもご覧のとおりの賑わいです。

そしてキャンプファイヤー広場で行われたフリマはご覧のとおりの大盛況。
11時開始の号砲が鳴るまで真剣に品定め。

ママは管理人さん出品の小川の270㎝のスチールポールにフォーカスを合わせ
なんと一個100円のお宝価格で2本ゲットです!!

パパは、一般の出品者からソリステの30㎝と40㎝をゲット。
こちらも一本100円で格安でゲットしたと思っていたパパは同じく100円のポールをママから見せつけられテンションさげさげです。
「ソリステ一本と270㎝ポールが同じ値段かぁ・・・・」

その後、そよかぜパークにある温泉で汗を流し・・・

キャンプ場に近いスーパーみついでお買い物。

精肉コーナーには絶品の肉のみやべのホルモンも売られていました。(冷凍)

そして特産センタ五ヶ瀬の立ち寄ると・・・

「薪あります」のPOPを発見。しかもコンテナ一杯でなんと600円です!!もちろん即購入。

ところがこの薪、ストーブ用なので大きいのです。そこでキャンプ場に戻り管理人さんの斧をお借りして薪割をしました。

なかなかワイルドな図です。斧も欲しくなりました。(笑)

一仕事終えて昼食です。パパは早速スーパーみついで買った地鶏の刺身とアジフライで一杯。

そしてメニューはパパとママが五木の鍋焼ちゃんぽん。ツーバーナーに乗せるだけのファストメニュー。(笑)

長男はカップ焼きそばでマヨビーム中。

次男はカレーヌードルと、一家全員 完璧な手抜きメニューです。(爆)

食後、まったりしていると、この服掛け松キャンプ場が出来た時の初代管理人というオジサマが話しかけてきた。キャンプ場にまつわる話を興味深く聞いていたら「これから隣の栗畑に行くから付いてくるかい?栗は拾い放題だよ」とおっしゃるので「ほんとうですか?」とちょっと遠慮しながらも、ずうずうしく付いて行った。
(青い作業服を着た方がオジサマです)

長男が「栗ひろいをしたい」と前々から言っていたので丁度良かったし、どんな畑かと思っていたら大きな栗の木が何十本も植えてある立派な栗畑だった。

「売りに出せそうなものは収穫してしまったので、あんまり無いかもしれないよ」とおっしゃっていたが、オジサマが「ほら、そこ」と指さす方を見ると確かにあちこちに栗が落ちている。

大きさはバラバラだが短時間でたくさん取れた。

これがひろった栗の数々!

次男の顔と同じくらいの巨大な栗も発見!?(バレバレですが遠近法です)

栗畑のオジサマに教えていただいたキャンプ場の由来となった「服掛松」を見学に行きました。(キャンプ場の一番高いところにあります)

これが その服掛の松です。

そこからの眺めは抜群でした。

サイトに夕暮れが訪れます。

今日の晩御飯はシチュー。

パパはビールのあてにホルモンを焼きます。

黒ビールが濃厚なホルモンの味にも負けず いい仕事しています。(笑)

そして今日も闇に包まれました。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category