}
柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 坊中野営場 2014年3月21日~3月23日


坊中野営場 2014年3月21日~3月23日

二日目

6時過ぎに起床。気温は氷点下3度.昨晩は9時過ぎに寝たので睡眠はたっぷり。
ダウンジャケットを羽織ったままシュラフに潜り込んだので、まったく寒くなかった。

シェルター ラナは凍ってバリバリ。

ボルテックスも薄化粧。

いそいで焚き火で暖を取る。

テント周りの木々から小鳥のさえずりが聞こえる。

しばしバードウォッチング。

ユニフレームのガスストーブは寒さで火力がまったく出ないので、焚き火の近くでボンベを温めた。 (近づけすぎに注意)

焚き火の傍らで湯を沸かし・・

コーヒーを淹れる。

飯ごうから湯気が立ちこめ、しばらく蒸らすと・・

山菜おこわの出来上がりだ。

見た目はおいしそうなのだが、子供には不評だった。

腹ごなしに場内を散歩していると、阿蘇山から勢いよく噴煙が上がっているのが見えた。
「久しぶりにちょっと行ってみるか?」って事で車で阿蘇中岳の山頂に向かう。

山頂にはたくさん山頂にはたくさんの外国人を含めた観光客でにぎわっていた。

はなちゃん、火口から立ち込める臭いをクンクン。

数年前訪れたときは、エメラルドグリーンの大きな池が出来ていたのだが,池は消えていた。

地元とはいえ、山頂にはあまり行く機会がないのだが、雄大な景色に、いつも感動する。


次に向かったのは、はじめての阿蘇神社。

参道にはコジャレた店舗が立ち並ぶ。

馬肉のコロッケ、その名も馬ロッケの看板につられ店内へ。

なかなかの賑わいだ。

注文後揚げてくれるので5分ほど待つ。

ちょっと小ぶりなコロッケ。

揚げたてだから当然旨い。

はなちゃんには?

そして境内で長男の学業アップを全員で祈願(笑)

昼食は阿蘇神社のすぐ横で見つけた力満というお店へ。

郷土料理のたかな飯とだご汁定食。

長男は馬すじ煮込みカレー。

駐車場に戻る途中、ひなたぼっこ中の赤牛を発見。

最後に再びえびすぱーなへ。

キャンプ場に戻ったのが4時過ぎ。


さっそくビールで乾杯。今日はバドワイザーだ。
ビールを飲みながら、料理に取り掛かる。

えびすぱーなで買ったアメリカンステーキが今日のメインディッシュ。

一枚500グラムほどのデカいステーキ肉にクレイジーソルトをふりかけ下ごしらえ。

これをユニフレームの焚き火台の上にヘビーロストルを乗せ、余熱する。

いよいよステーキ肉を乗せて焼き上げるのだが、秘策がある。

ころあいを見計らって乗せた肉を90度回転。(上の写真と見比べてください)

ひっくり返すと網目の焦げ目が出来ているという寸法だ。

焦げ目が両面についたら、スキレットに移し、今回はバターが無かったので牛脂を代わりに入れた。
10インチのスキレットに窮屈そうに収まる肉。大きさがわかる。

蓋をして2分ほど蒸し焼き、付け合せに椎茸を焼く。

出来上がり! これを2枚焼いて計1キロのステーキを4人で食べる。

ナイフで切るのももどかしく、肉に食らいつく。

一人当たり約250グラムのアメリカンステーキ。旨い?

そしてクラムチャウダー。

あさり入りのクラムチャウダーが冷えた体を温める。

はなちゃん、うらめしそう・・

そして、さらにソーセージを焼く。

プチプチと旨そうに皮がはじける。それにしてもよく食うなぁ・・・(爆)

はなちゃん、完全にいじけてテントの中へ。

「はな」と呼んでも顔しか出しません。

ランタンに火が灯ります。

焚き火の火をボーと眺めるだけのひと時。

今日も満天の星空です。

明日は早起きして、ある場所に向かう予定。

はなちゃんはアルマジロの様に丸まっていじけたなな寝てました。(笑)


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category