}
柴犬のはなが、家族旅行とキャンプが趣味のご主人様一家をご紹介します。
  1. 熊本県野外劇場アスペクタ キャンプ場 2012年10月27日~10月28日


熊本県野外劇場アスペクタ キャンプ場 2012年10月27日~10月28日

二日目

昨晩は、眠りに入ってしばらくすると シトシトと雨が降り始めた。
パラパラとテントを打つ雨の音を聞きながら眠るのも、またキャンプの楽しさのひとつ・・・等と強がっては見たものの、段々とひどくなる雨音に何度も目が覚めた。

雨はかなりの量だったらしく、表に出しっぱなしのスタンドにかけたランタンも、マントルが見えないくらい濡れていた。

西の山際は幻想的な朝もやに包まれていた。

東の空から朝日が差し始め、紅葉し始めた木々も なかなかいい雰囲気をだしている。

ステージ側に目をやると 阿蘇谷には低く雲が立ち込めていたが、急速に天気は回復しているようだ。

気持ち良く澄んだ空気の中で、バウルーで焼いたホットサンドを食べる。(はなちゃんガン見)

デザートはリンゴと、自宅で採れたゴールデンキウイ。

子供たちは広々としたフィールドでステージに向かって ゴム動力の飛行機を飛ばして遊びます。

許可を得て、ステージに上がらせていただきました。


長男と次男は代わる代わるパパのサングラスをかけ、ロックンローラーのポーズで「シェケナベイビー」

ステージの上から見た我が家のサイトです。

遅ればせながらここで情報ですが、ここアスペクタではご覧の写真のように自分で持ち込んだCDをコンサート用の大スピーカーを使って大音響で自分の好きな曲を聴ける と言うイベントをやっていました。(30分当たり1000円 2012年10月現在)

実は初日の11時から午後3時位までと、二日目の10時から1時間ほど この企画を利用する人たちに遭遇しました。
初日は 私たちの知らない韓流スター(3人組)のKポップを20人ほどのグループで霧雨の中、楽しんでいました。
(一日目のページにこのグループが写りこんでいる写真が載っています)

二日目は、若い女性が一人でポップスからオペラ歌謡までランダムに自分の好みに編集した音楽を聞いていました。

いずれにしても、自分達に興味ない音楽を大音響で聞かされるのは、かなりつらい訳で・・・予約もなく やってきた我が家にも非が有るのですが、キャンプを利用される方はこのイベント予約が入っていないかの問い合わせも合わせてされた方がいいかもしれません。
”自分でCDを持ち込む”ってのもアリかもですね!?(笑)

さて、テント乾燥の間にオガワキャンパルのボルテックスをもうちょっとご紹介。

天井部の、ど真ん中にユーティリティウインドウと呼ばれる窓が有るので ランタンフックはそれを避けるように2か所有ります。

メッシュ部分も先ほどの天井部と合わせて、ご覧のように非常に多く切ってあり、大きめのベンチレーターとの相乗効果で夏場も比較的快適に使えるかもしれません。

ただし、4人のすし詰め状態で夏場に使用するのは無謀です。(爆)


上の写真にも写っているのですが、ポケットが4隅にそれぞれ2段あり、しかも上段(左の写真)は2重ポケットになっているので小物収納に困ることは有りません。

底部の乾燥風景です。ジオデシック構造の8角形が良くわかります。ちなみに耐水圧は10,000mmあるので安心です。

シェルター ラナも もうちょっとで完全乾燥・・・・と思った時に、まさかの雨!
乾燥撤収を諦め、濡れたままの幕帯を車に積み込みキャンプ終了。

自宅に帰りつくと晴天!さっそくテントを庭に広げ乾燥させました。


ファミリーキャンプのトップへ


back to top

Category